スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「大加瀬吉田農園」と夫婦別姓

こんにちは。
まだHPが完成していないのに、こっちに手を出してしまいました。

「大加瀬吉田農園」という名前。
長いし、読みにくいし覚えにくいし、領収証を書いてもらうときにも不便です。
でもこの名前は大事なんです。家族の姓について考えた結果だからです。

ぱっと見には、私たちが夫婦別姓でそれぞれの姓をつなげて農園の名前にした、というようにも見えるかもしれません。が、実はそうではないんです。

これは鶏飼い(と)と鶏飼い(ま)お互いの旧姓を合わせた新しい姓を表しているんです。
それぞれの旧姓をくっつけたものを家族の新しい姓にしたいんだけど、今の法律ではできない。でも幸い私たちは屋号を名乗ることができるので、だったら屋号でそれを実現してしまおう・・・ということで決まったものなんです。


自分は姓を変えさせられたくない。自分がいやなことは当然相手にもさせたくない。ということでトンネルの中に入って、ストレートに夫婦別姓、つまり「どちらも変えない」というところに出る人も多いと思いますが、夫婦新姓、つまり「どっちも変えて新しい姓にする」というところに出ちゃった人っていませんか?

「絶対に自分は戸籍上今の姓のままでいたいのだっ」というのなら、夫婦新姓はナンセンスでしょうが、そうでないなら、実は夫婦新姓を考えてみる価値はあるような気がします。

「変えたくないから問題なのに、変えちゃったら意味がない」と思うでしょうが、もし、結婚したら姓が新しくなるのが当たり前という世の中だったら、と考えるとちょっと違ってくるかもしれません。
学校や職場で人を呼ぶのに姓では呼ばないかも知れませんし、そうすればそもそも姓にアイデンティティがあまり深く一体化しないかもしれません。
そうならないとしても、新しい家族の姓に旧姓をつけたものをフルネームにするとか、生活場面では旧姓使用にするとか、方法はいくらでも考えられます。

問題なのは、どちらか片方の「イエ」にもう片方が入るという仕組みを残すか、夫婦で新しい家庭を作るという全く新しい仕組みに作り変えるか、ということだと思うんですよ。

これはあまり知られていないのかもしれませんが、「今の婚姻制度は夫婦で新しい戸籍を作るようになっている」というのは、残念ながら事実ではありません。
昔は結婚するときに片方が自分の親の戸籍から出て相手の親の戸籍に入ったけれど、今は3世代が同じ戸籍に入ることを禁じている、ということから誤解が生じるようです。

確かに一見夫婦で戸籍を作ったように見えるんですが、実はそうではなくて、結婚するときに二人とも親の戸籍から出て、筆頭者になるほうの人の戸籍を作り、筆頭者にならないほうの人はその戸籍に入ります。同時に行われるので分かりづいらいですが、その戸籍は二人のものではなくて、筆頭者になったほうの人のものです。

このことがはっきりする場面はいくつかあって、一番はっきりするのは、そうだなあ、二人が結婚前にそれぞれ戸籍の筆頭者になっていた場合でしょうか。戸籍は、20歳になると別に結婚しなくても親の戸籍から出て新しく作れます。そういう二人が結婚すると、片方の人は除籍といって戸籍が抹消されて、もう片方の人の戸籍はそのままです。で、除籍されたほうがその戸籍に入ります。それぞれの戸籍を解消して新しく二人の戸籍を作ったりはしません。

あと、離婚すると分かりますよね。もし二人で作った戸籍なら、離婚したら解消して、それぞれが子どもたちと新しい戸籍を作りそうなものですが、実際は解消なんかしません。筆頭者でないほうがたった一人で戸籍から出るだけ。子どもをどちらの戸籍に入れるかを選択する場面もなく、子どもはそのまま筆頭者の戸籍に残ります。子どもの籍を筆頭者でなかった方の戸籍に移したければ、離婚とは別の手続き(それも、裁判所に行かなきゃならない、別次元の手続き)が必要です。

そう・・・。
結婚すると片方の人がもう片方の人の姓になる、という今の制度は、この戸籍の仕組みを忠実に表わしているんですよね。(書き忘れましたが、戸籍の筆頭者と姓を変えない方の人は、必ず同一です。姓を変える方の人が筆頭者になることはできません)

なんで、わざわざ結婚にこういう不均衡を持ち込むかというと、それはやはり、結婚後の家庭がどちらの「イエ」の後継であるか、という発想が残っているからに違いないと思います。

だから、この仕組みのまま夫婦別姓にすると・・・。

戸籍はやっぱりどちらかの人が筆頭者になって、それはきっと、子どもをどちらの姓にするかということと一体で、つまり家族はその「イエ」の後継の家族であって子どもはその後継ぎ、というニュアンスをもつような気がします。すると、夫婦のうちの別の姓の人は結局、違う「イエ」の人だから違う姓でもかまわない、みたいな感じが出てきちゃうじゃないですか。

もし今の仕組みのままで複数の子どもの姓をそれぞれ選べるようにするとしたら、やっぱり姓ごとの二つのグループ、一つの家族に二つの戸籍、ということになるような気がします。

もちろん、戸籍なんて実態とは関係ないし、完全無視、もできなくはない。
国(?)が勝手にへんてこりんな捉え方をしようともまったく気にしないで、対等でしかもまとまった家庭をつくったもんの勝ちです。

が・・・。

やっぱり、実態だけでなく制度もそうなっているほうが、たぶん人は楽だし幸せになりやすいし、社会は開かれるだろうなと思います。

そういう未来を念頭において、もっと先へと進むために、もっと柔軟に考えるために、

まずは、夫婦別姓にできるようにする、でいいのかな?

                                    この記事: 鶏飼い(ま)
スポンサーサイト

Comments

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2009/10/20(Tue) 21:39 
  •  
  • #
  • [edit]

Post your comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。